CTI-J タイトル  
トップページボタン 情報ボックスボタン 業務内容ボタン 会社概要ボタン CTIボタン
   
「夜の睡眠リズム」

「不眠の世界」

「健康的な習慣」

「ストレスの緩和」

「光を浴びる」

時差ボケ解消プログラム

 
 

夜の睡眠リズム。。。 「睡眠」って何?

誰でも毎晩眠らない人はいないのですが、意外とその実態が知られてないのが「睡眠」です。 ここでは、現在わかっている基本的な「睡眠のリズム」について、簡単にご紹介しましょう。


■ Index


■睡眠中の脳は激しく活動している
一見静かな休息状態にある睡眠ですが、夜、目を閉じている間も脳内は想像以上に活動を続けているのです。  

すっきりと目覚めるためには、睡眠中の脳内活動が大いに関係しており、その睡眠システムの複雑さには誰もが 驚かされます。
睡眠は大きく2つの要素から構成されます。 睡眠リズム
1つは、深い眠りでノンレム睡眠と呼ばれてます。
もう1つはレム睡眠と呼ばれ、急速眼球運動が見られ、この時に夢の多くが起こるのです。
ノンレム睡眠は眠りの強度によって更に4段階に分類され、これらの段階は平均的な8 時間の睡眠中に 4、5 回繰り返されます。
ノンレム睡眠の第 1 段階から最初のレム睡眠までを初めの「睡眠サイクル」と呼び、1サイクルは 90 から 100 分で、通常一晩に 4、5 回の睡眠サイクルがあります。
一晩の前半部分はより深い眠り(ノンレム睡眠 3、4 段階)が占め、後半はレム睡眠が多くの割合を占めています。
では、ここで健康な夜の睡眠パターンを紹介しましょう。


  睡眠サイクル


■第1段階:うとうと眠り 寝床に入り、 うとうとした状態が第1段階です
覚醒から睡眠へ移行するこの状態では周囲の状況がある程度把握できています。
うとうとするにつれて脳の活動が低下しθ波(周波数 3-8 Hz)という一定のパターンの脳波が現れます。


■第2段階:すやすや眠り 第2段階は浅いものの最初に現れる真の睡眠状態 です
この状態の脳波には振幅の低い波形の中に一過性の睡眠紡錘波やK-複合波と呼ばれる特徴的な波形が出現します。


■第3、第4段階:深い眠り 第3、第4段階は「徐波睡眠」といわれ、ここでは体の修復作業をします
入眠後約20 分で最初の深い眠り、第3段階に到達し、体温の低下や呼吸、心拍数の減少が見られます。
この時点までくるとそう簡単には起こされず、もしも起きたとしてもふらついたり自分が把握できないでしょう。
第3段階の脳波の50 %は「δ波」という徐波で占められます。
第4段階は最も深い睡眠です。
睡眠の最初のサイクルでは入眠後約1時間で第4段階に到達します。
第4段階の脳波は50 %以上が高振幅、低周波のδ波で占められています。


■レム:夢のステージ 睡眠サイクルの最後、 レム睡眠は夢の段階です
最初のレム段階は入眠後 90 分でやってきます。
レム睡眠はノンレム睡眠より脳が活発に働くだけではなく、血圧や心拍、発汗の上昇が見られます。
レム睡眠中、つまり夢を見ているときの脳波は実際覚醒時と見間違えるほどなのです。
ただし、急速な眼球運動や筋活動の欠如はレム睡眠時にのみ確認されるのが特徴です。


■レム睡眠は記憶や 感情を強化する役割を持つ
夢の生物学的な重要性については未だ解明されてはいません。
一説によるとレム睡眠は記憶や感情を強化する働きを持つと言われています。 モーフィアス
というのも、レム睡眠中は脳の記録や感情的な経験に関連するいくつかの部位の血流が急激に高まるからです。
更に、アセチルコリンは以前から記憶に関与することで知られており、体全体にその存在が確認されていますが、 特にレム睡眠中はアセチルコリンの分泌に大きな変化が見られるのです。
いずれにせよ、レム睡眠は大変重要であり、もしも一夜以上レム睡眠を妨げられた場合はイライラ感や集中力の 低下に見舞われるでしょう。


■睡眠の質は睡眠の量と同様に重要
このようにレム睡眠は重要ですが、同時に睡眠時間全体の約 80 %を占めるノンレム睡眠は身体を癒し、再生するために必要なのです。
第3、第4段階の睡眠を妨げられては、長時間の浅い眠りやレム睡眠をとったとしても、次の日は眠たくて 仕方がないでしょう。
ノンレム睡眠中はすべての生理的な機能(体温、血圧、心拍、呼吸や消化、泌尿の機能、脳内活動)に低下が 見られ、身体が真に休息状態にあるといえます。
また、第3、第4段階ノンレム睡眠中には、一日に必要な人体成長ホルモン(HGH)が脳から体内へと放出され ます。
HGHは筋肉や骨の成長や維持、胃腸や肌の修復を促すのに重要ですが、ノンレム睡眠なしではホルモンは 放出されず、結果筋肉の疲労も改善されないのです。
適切な栄養の摂取や適度な運動と並んで睡眠は健康を保つのに必要不可欠です。
そして肉体的、精神的健康にはレム睡眠もノンレム睡眠も大事なのです。
いくら8、9時間寝ても深い眠りやレム睡眠が足りないと寝不足になります。
そして自覚のないまま睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群 などの睡眠障害を煩っている可能性もあるで しょう。

 

 
コピーライト